定期健診

おいしいものを美味しく食べられるように

たかはし歯科医院では創業以来、
部分的な治療ではなく患者様とのコミュニケーションを大切にし、

「歯全体の健康」に取り組んでいます。
患者様との信頼関係がお互いにとっての良い治療へ結びつくのだと考えています。
歯の治療は「治療をして終わり」ではなく、
予防から始まり健康状態を維持していく定期検診も歯の健康寿命を延ばす秘訣です。
将来ずっと美味しいものを美味しく食べられるために日ごろから
「自分の体」「自分の歯」を大切にしてあげましょう。

歯医者さんでの定期健診

歯医者さんでの定期健診はなぜ必要なの?どれくらいの間隔で?などの声をよく聞きます。ここでは、定期健診の必要性について、なるべくわかりやすく説明したいと思います。
定期健診の間隔は個人差があります。当院では患者さんの状態を見て、1か月から半年での定期健診をすすめています。
特に、歯磨きが苦手な方や歯周病の進行している方は定期健診の間隔を短くすることを勧めています。

歯医者さんでの定期健診

定期健診の目安

1歳から16歳未満のお子さんは、春休み/夏休み/冬休み位での定期健診
20~30歳前後の方は3か月~6か月の定期健診
30~50歳前後の方は3~4か月の定期健診
50歳以上の方は1カ月~3か月の定期健診
実際は個人差があるため、自分の状態に合わせたメンテナンス(定期健診)の間隔を話し合って決めるのがいいと思います。
また、総入れ歯の方や、インプラント治療を受けられた方は特に定期的に口の中の状態を確認するようにしましょう。

定期健診の目安

トップに戻る

虫歯治療

当院では、当院は、CO2レーザーを導入し、歯をできるだけ削らず、痛みの少ない治療を目指しています。
レーザー治療では、治療の痛みが少なくなりますし、むし歯予防や再発予防に有効です。
また、事前のカウンセリングをしっかりと行い、患者様と一緒に治療を進めていきます。
(歯周病がある場合は、先に歯周病の治療を行う場合もあります)
みなさんに歯の大切さを知っていただくためにも、歯の状態や治療内容などをわかりやすく案内し、歯磨き指導までサポートいたします。
この先、一生健康な歯を維持していくことを目指して、治療させていただきます。

虫歯の治療法
虫歯治療には3つの治療があります。歯の状況に合った治療法を行っていきます。
つめる治療

これは小さな虫歯などに行います。虫歯部分にプラスティックや合金などを使って詰め物をします。
以前は体に有害な金属をつめる治療もありましたが、当院では健康で審美的な治療を心がけ、セラミックでの治療を行っています。

かぶせる治療

神経をとった時や、歯の表面にたくさんの虫歯があるときなどに行います。
以前は、主に金合金や銀合金を使ってでかぶせていましたが、当院では健康で審美的な治療を心がけ、セラミックでの治療を行っています。

欠損を補う治療

何らかの理由で歯を抜いた後や、歯の欠損部に行われる治療です。少数の欠損ではブリッジをします。金銀合金や審美性を考慮してセラミックなどで欠損部を補います。多くの歯が欠損している場合は、義歯(とりはずしの入れ歯)を入れます。義歯で違和感が強い方には、インプラント(人工歯根)治療を行っています。

トップに戻る

小児歯科

お子様の治療は最初が肝心です

最初に「よくないイメージ。恐いイメージ」がついてしまうと、
歯医者さんが嫌になってしまいます。
これは、学生になっても、大人になっても、
その印象が続いていく場合があります。
“極度の歯医者嫌い”になってしまい、症状が進行してしまうという
ケースもあります。こどもの時に、きちんと治療をしていくことは、
大人になってからの歯の土台作りにもなります。
当院ではお子様の成長過程に合せた治療方法で治療を対応していきます。
さらに、ご両親様への歯科指導もさせていただきます。

高橋院長は、学校歯科校医として、
お子様の歯の健康状態をチェックし適切なアドバイスも行っております。

お気軽にご相談ください

メールでのご相談

ご予約はお電話にてお願い致します。

たかはし歯科医院のご案内

診療時間 日/祝
10:00~13:00
14:30~18:00
午前10:00~13:00 / 午後14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

045-821-8811