;

歯周病予防

あなたは大丈夫?歯周病チェック

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

3つ以上当てはまる場合は、しっかり予防が必要です!

歯周病の原因と予防法

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、最近の完成によって歯茎が炎症を起こす「炎症性疾患」です。
歯と歯茎の間がしっかりと磨けていないと、そこに多くの細菌が滞在して歯肉の辺縁が赤くなり、腫れてしまいます。
進行すると、歯と歯肉の境目が深くなり歯を支えなくなり、最後には抜歯をしなくてはいけなくなってしまいます。

歯周病の原因は?

お口の中には300~500種類の細菌がいると言われています。
これらは通常悪影響を及ぼしませんが、しっかりと歯が磨けていなかったり糖分を過剰に摂取すると最近の働きにより歯垢(プラーク)をつくりだし歯の表面にくっついてしまいます。
この歯垢(プラーク)には10億個の細菌が住んでいると言われており、虫歯や歯周病の原因になると言われています。
歯周病とは、この歯垢(プラーク)の働きにより歯肉に炎症を引き起こし歯を支えている骨を溶かしてしまう病気の事をさします。

歯周病の予防方法

歯周病の予防には、歯磨きによるお口の中の清掃が必要です。しかしどんなにキレイに磨いたつもりでも、奥歯や歯間部のプラークは自分でしっかり磨く事が難しい場合もあります。そういった磨きのこしを抑え、健康な歯を維持する為にも定期的な、歯医者での検診が必要です。
当院の予防歯科(定期健診)

予防歯科で、できる事

  • お口の中のトラブルを未然に防ぐ
    予防歯科は、健康診断と同じです。病気になる前や、早期発見をする事で虫歯や歯周病を予防して健康な歯を保つことができます。
  • 治療の痛み・費用を低減できる
    定期的なメンテナンスがあれば、万が一虫歯になっても早期の発見ができ痛みや費用も最小限に抑える事ができます。
  • お口をすっきり除菌できる
    お口の中をきれいに保つことに慣れるとちょっとした汚れや異変に敏感になり、口内ケアにも繋がります。
  • 治すから予防する時代へ
  • 対策で変わる歯と健康の未来

たかはし歯科の治療

  • 一般歯科
    歯が痛い、しみると思ったら危険信号です!
    悪化する前にまずは一度ご相談ください!
  • 入れ歯
    20年以上の経験であごにぴったり合い、ずれたり動いたりする事がない痛くない入れ歯をご提供します。
  • インプラント
    簡単に負担が少なく施せる施術を常に取り入れながらお客様のサポートを行います。
  • 顎関節症
    口内を知り尽くした専門家が痛みの原因を探り取り除きます。
  • その他診療科目
    矯正歯科・小児歯科・
    ホワイトニング・口腔外科
    等…